人気ブログランキング |
ブログトップ

地域情報発信基地in高知

hryphoto.exblog.jp

身近な情報を写真で発信

青鷺の捕食シーン

二日続けて青鷺の捕食シーンになりますが、今度は見事に魚を捕まえました
公園の池ですから、鯉の幼魚は沢山育っています
c0082120_17573840.jpg
c0082120_17574930.jpg
c0082120_17575784.jpg
c0082120_17580502.jpg
c0082120_17582354.jpg
c0082120_17583541.jpg
c0082120_17584134.jpg
c0082120_17584992.jpg
c0082120_17585666.jpg
c0082120_17590335.jpg
c0082120_17591188.jpg
c0082120_17591871.jpg
c0082120_17592627.jpg
c0082120_17593392.jpg
c0082120_17594102.jpg
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ



by hiro-photo | 2019-08-20 18:02 | 動物 | Comments(14)
Commented by ten-zaru at 2019-08-20 18:13
hiro-photoさん、今晩は。
アオサギの捕食シーンを見事に撮影されましたね。
なかなかこの様なシーンはお目にかかれません。
素晴らしいですね。
Commented by gonbe-0526 at 2019-08-20 18:48
こんばんは
青鷺の捕食シーン素敵ですね。
折角とらえた獲物落とさないように慎重に
今日公園で中鷺と青鷺を見ました。
中鷺は水の中、青鷺は高い木の上で獲物を狙っていました。
Commented by の子 at 2019-08-20 19:14 x
アオサギ、すてきだなぁとみていましたが、
このようなシーンをみると怖さのほうが咲きに立ちます。
じっくりと観察されたんですね。
お見事です。
Commented by dacha883 at 2019-08-20 22:40
こんばんは。
警戒心の強いアオサギがこんなに近くで
捕食シーンを撮らせてくれるなんて信じられません。
毎日でも通いたくなりますね。
Commented by しらかみ たろう at 2019-08-21 06:06 x
昨日と同じアオサギでしょうか。今日は見事に
餌を捕えられましたね。
hiroさんもアオサギもヤッタ―・・・・・
炎天下の撮影にはくれぐれも注意してください。
Commented by たんぽぽ at 2019-08-21 06:54 x
今朝は時間がなくなりすみません
応援だけさせてくださいね
ぽち
Commented by 多摩NTの住人 at 2019-08-21 09:02 x
こんにちは。アオサギはノンビリしているように見えますが、捕食の時は流石に素早いですね。
Commented by hiro-photo at 2019-08-21 09:23
ten-zaru さん。
公園の青鷺は人馴れしています。
近くに行っても逃げるような素振りはありませんので、かなり近くから写す事が出来ます。
Commented by hiro-photo at 2019-08-21 09:26
gonbe-0526 さん。
鷺の捕食シーンで、写していて一番楽しいのは小鷺です。
動きが激しいので、色々なシーンが多く写せます。
Commented by hiro-photo at 2019-08-21 09:28
の子 さん。
鷺の目や顔は怖い感じがする時がありますね。
野生の動物ですから、餌を捕る時も真剣そのものです。
Commented by hiro-photo at 2019-08-21 09:31
dacha883 さん。
すぐ目と鼻の先で写せます。
サギにいたずらする人が居ないでしょうね、すっかろお互いに無関心といった感じでアオサギは餌を狙っています。
Commented by hiro-photo at 2019-08-21 09:33
しらかみ たろう さん。
この池にやって来る青鷺はあまり多くありませんので、同じアオサギだろうと思います。
人目もはばからずに、狩に集中しています。
Commented by hiro-photo at 2019-08-21 09:36
たんぽぽ さん。
早朝から仕事で忙しそうですね。
暑い中ですから、体調管理には十分気を付けてください。
応援ありがとうございます。
Commented by hiro-photo at 2019-08-21 09:37
多摩NTの住人 さん。
じっくりと狙いを定めて瞬時に飛び掛かります。
成功するのは少ないでしょうが、生きるためには必死ですね。