ブログトップ

地域情報発信基地in高知

hryphoto.exblog.jp

身近な情報を写真で発信

「衝羽根柿 (つくばねがき)」

中国原産で、果実の観賞用に植栽される落葉小低木
c0082120_19022576.jpg
c0082120_19042080.jpg
今日のお友達
「ホソミオツネントンボ」でしょうか、それとも「オツネントンボ」・・・?
トンボにしては珍しく、成虫で冬を越すので「越年」と言う名前が付いている・・との事
c0082120_19043607.jpg
c0082120_19044666.jpg
蝶たちもまだ元気でした
c0082120_19045739.jpg
c0082120_19050237.jpg
ブログランキングに参加しています、クリック支援を宜しくお願い致します
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村






[PR]
by hiro-photo | 2018-11-08 19:20 | 植物 | Comments(16)
Commented by ディック at 2018-11-08 19:32 x
写真を拝見して、小さそうなので、「ロウヤガキなら知っているけれど…」と思いつつ、ロウヤガキを調べてみたら、Wikipediaに「ツクバネガキともいう」と出ていました。

>蝶たちもまだ元気でした
最近花散策にほとんど出かけていないので、頭の中は10月下旬のまま。あの頃は蝶は元気だったけれど、11月になってもまだ頑張っているのですね。
Commented by gonbe-0526 at 2018-11-08 20:43
こんばんは
ツクバネガキはロウヤガキともいわれていますね。
赤く熟してきてこれで葉が落ちると晩秋の雰囲気が出ますね。
立冬とはいえ暖かいので蝶も元気ですが、来週から平年並みで寒くなりそうです。
Commented by dacha883 at 2018-11-08 21:05
こんばんは。
観賞用の柿なのですね。
葉が落ちたあとが見頃かもしれませんね。
成虫で越冬するトンボがいるのですね。
これにも驚きました。
Commented by happysweet1205 at 2018-11-08 22:35
こんばんは
観賞用の柿ってあるんですね。
細い茎がついてぶら下がってなり可愛いですね。
トンボもいろんな種類のコがいますね。
頑張って越冬してほしいです。
こちらでも今日の暖かさでモンシロ蝶が
飛んでいました。
Commented by Sippo5655 at 2018-11-08 23:02
オツネントンボとホソミオツネントンボ
見分けは難しそうですね><
私もトンボには疎いので、画像だけではわかりません。。
どっちかが、春先に青くなるんですよね。
これがまたロマンです。
ツワブキは冬の花
秋型のキタキチョウが見事にお似合いですね!
P☆
Commented by しらかみ たろう at 2018-11-09 06:31 x
羽を傷めながらもまだ頑張っている蝶達が
いるんですね。
越冬するトンボの存在を初めて知りました。
つくばねがきたべられるのがな?
Commented by 大阪のおっちゃん at 2018-11-09 08:09 x
お早うございます
衝羽根、羽子板で衝く羽根、似てますね
昨今は羽子板で衝く、なんてお正月も見かけなくなりました
もうすぐお正月、「ホソミオツネントンボ」を見かけるかも知れませんね。
越冬蝶、そんな蝶もいましたね。
Commented by hiro-photo at 2018-11-09 08:35
ディック さん。
草小さな柿ですね、親指の先くらいの大きさで、別名では「ロウヤガキ」とか「ロウアガキ」等とも呼ばれているようですね。
あくまで観賞用であり、渋柿で食用には向かないようですね。
Commented by hiro-photo at 2018-11-09 08:39
gonbe-0526 さん。
夜中には雨も降っていました、少し暖かなようですね。
高知はまだ晩秋の気配は感じられません、紅葉もあまり進んでいないようです。
Commented by hiro-photo at 2018-11-09 08:43
dacha883 さん。
私も初めて写したいとトンボです。
色も変わっていますね、「ホソミオツネントンボ」であれば、春になれば体色が青くなるようです、冬は褐色ですね。
Commented by hiro-photo at 2018-11-09 08:48
happysweet1205 さん。
蝶もトンボも頑張っています。
今年は異常気象だったせいなのか・・少し例年と違っているようですね。
いま時に夏の花が咲いたり、モンシロチョウが飛んでいたり・・と変わった事が起きています。
Commented by hiro-photo at 2018-11-09 08:52
Sippo5655 さん。
「ホソミオツネントンボ」は、春になると体の色が青くなるようですね、春にもう一度見てみたいものです。
「モンシロチョウ」や「キタキチョウ」なども飛んでいます、もう晩秋と呼ばれる頃ですが、まだ蝶が・・やはり異常気象だったせいなのでしょうか・・・・・。
Commented by hiro-photo at 2018-11-09 08:55
しらかみ たろう さん。
「ツクバネガキ」は渋柿ですから,食べられ無いようですね。
それに親指の先くらいの大きさしかありません、あくまで観賞用に中国から入って来たもののようですね。
Commented by hiro-photo at 2018-11-09 09:02
大阪のおっちゃん さん。
おっしゃる通り、羽子板で衝く羽根から付けた名前のように思いますね。
「ロウヤガキ」とか「ロウアガキ」とも呼ばれているようですが、やはり実の形状からは「衝羽根柿」の方が良く合っています。
Commented by の子 at 2018-11-09 09:37 x
ツクバネガキ、豊作ですね。
黒ごまが入ってて、甘いのではないかなとそそられます。
Commented by hiro-photo at 2018-11-09 18:23 x
の子 さん。
残念ながら、渋くて食べられ無いようです。
それに親指の先くらいの大きさですから、観賞用ですね。