ブログトップ

地域情報発信基地in高知

hryphoto.exblog.jp

身近な情報を写真で発信

オスが寄り添って・・・、

「コシアキトンボ」の産卵には、オスがしっかりと寄り添って、他のオスからメスをガードしています
c0082120_18065093.jpg
c0082120_18065319.jpg
c0082120_18070093.jpg
c0082120_18070640.jpg
c0082120_18071072.jpg
c0082120_18065692.jpg
ブログランキングに参加しています、クリック支援を宜しくお願い致します
 ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

[PR]
by hiro-photo | 2018-06-07 18:13 | 動物 | Comments(20)
Commented by umi_bari at 2018-06-07 18:35
トンボも雄が雌をガードするんですね、自然は凄いですね、バグースです。海でも、アオリイカは同じ行動をする姿が見られます。
Commented by 大阪のおっちゃん at 2018-06-07 19:00 x
こんばんは
産卵を見守る、微笑ましい素敵な光景ですね、
人間界は、五歳の女の子が虐待死、
雲泥の差ですね。
可愛そうで仕方がありません。
Commented by gonbe-0526 at 2018-06-07 19:39
こんばんは
雌の産卵をガードするコシアキトンボの雄
自分の子孫を残すための自然な行動なんでしょうね。
シオカラトンボも同じような行動でしたね。
水辺の風景心なごみます。
Commented by happysweet1205 at 2018-06-07 21:14
こんばんは
オスがガードして微笑ましいですね。
子孫を残していくのにこうした
努力と協力があるのも本能なんですね。
人間界では嫌なニュースがあって残念です。
Commented by Sippo5655 at 2018-06-07 22:36
美しい、愛の姿ですね・・!!
こちらでもコシアキトンボ見かけました。
黒地に真ん中の水玉、トンボに疎い私でも
一発でわかります。
このようなガードする行為は、コシアキトンボだけ?
それとも他のトンボにも見られるのでしょうか!?
P☆
Commented by YAKUMA at 2018-06-07 22:51 x
トンボの産卵、動きの速い行動を撮るのは難しいです。
産卵の様子がわかります。。。
Commented by 白竜 (はく りゅう) at 2018-06-07 23:41 x
こんばんは!
残酷な育児放棄が 今、問題になっている人間社会ですが・・・自然界の方が余程 愛情が細やかですね♪(^^)   
Commented by しらかみ たろう at 2018-06-08 05:44 x
雌を守る雄、動物の世界では当たり前のことでしょうが、
最近の人間社会は少し違ってきているようでね。
Commented by hiro-photo at 2018-06-08 08:07
umi_bari さん。
メスが産卵している所にオスが襲い掛かって来て、三頭でもつれ合いようにしている事がありますが、他のオスに邪魔されると、産卵も上手く出来ないのかも知れませんね。
オスがすぐ近くで待機していて、他のオスが割り込んでくるのをけん制しているように見えます。
Commented by hiro-photo at 2018-06-08 08:11
大阪のおっちゃん さん。
普通で考えられないような事が起きるので、ニュースにもなりますが、ほんの一つかみの人間の嫌な行動が世の中を暗くしてしまいますね。
根はもっともっと深い所にあるのでしょうね・・・・・。
Commented by hiro-photo at 2018-06-08 08:24
gonbe-0526 さん。
メスの数が絶対的に少ないのでしょうか・・・・、見ていても飛んでいるのはオスの方が多いように思います。
コシアキトンボの腹の部分の色の違いで、オスとメスは区別できますから、よくわかりますね。
Commented by hiro-photo at 2018-06-08 08:27
happysweet1205 さん。
メスを横取りされない様にとの、オスの思惑なのかもしれませんね・・・。
産卵の途中で他のオスが近付いて来ると、カップルのオスは猛然とそのオスに突っ込んでいきますね・・・。
Commented by hiro-photo at 2018-06-08 08:31
Sippo5655 さん。
オオシオカラトンボなども単独産卵しますすから、同じような光景が見られますね。
産卵と言っても色々な方法があるようです。
飛びながら産卵する方法や、物に止まっての産卵、飛びながらや物に止まっての産卵にも、オスとメスが連結して産卵する方法や、メスが単独で産卵する方法など・・。
何処に産みつけるかの寄っても又分かれてくるようですから、中々難しいものです。
Commented by hiro-photo at 2018-06-08 08:35
YAKUMA さん。
今はトンボの飛翔シーンを写すのにはまっています。
自転車で簡単に行ける堀のほとりに立って、毎回同じシーンを狙っていますが、その時の周辺環境や天気の具合などで、毎回違ったシーンになってくれます。
飛んでいるトンボを、画面一杯に大写ししたいのですが、そうなると中々難しいですね。
Commented by hiro-photo at 2018-06-08 08:39
白竜 さん。
嫌なニュースが多い世の中ですね・・・。
昆虫の世界も、ほのぼのとするような事ばかりでは決して無いのでしょうが、あまり人眼には触れる事の無い社会ですから・・・・。
それに残酷な行為などは、わざわざ写すようなことはしませんので。
Commented by hiro-photo at 2018-06-08 08:43
しらかみ たろう さん。
目に見えない所では、人間の社会でも昆虫の世界でも、いろんなことが起こっているのでしょうね・・・。
世間にそしてニュースに現れてくるものは、氷山の一角なのかもしれませんね。
Commented by ディック at 2018-06-08 13:57 x
自分の子孫を残すための営みでしょうか。
人間のようによけいなことをあれこれ考えたりせず、
本能にしたがってやるべきことをきちんとやっているのですね。
Commented by の子 at 2018-06-08 16:18 x
トンボも素晴らしい世界を持ってるんですね。
純粋に素敵だなと思います。
Commented by hiro-photo at 2018-06-08 18:03
ディック さん。
人間の様に損得を考えたり、見栄を張ったり、必要以上の成功を望んだり・・、そんな事を考えない、無心と本能のままに生きられる世界が、自然界にはあるのですね。
Commented by hiro-photo at 2018-06-08 18:12
の子 さん。
気ままに、本能に任せて生きられれば、幸せかもしれませんね。
人間の世界では、心の中で思っていても、現実的には中々思うようにはいきません。