ブログトップ

地域情報発信基地in高知

hryphoto.exblog.jp

身近な情報を写真で発信

鷺苔 (さぎごけ)

最近見なくなった「鷺苔」が久し振りに見つかりました
いつも見るのは、「紫鷺苔 (むらさきさぎごけ)」です

「鷺苔」
c0082120_18153198.jpg
c0082120_18153807.jpg
「紫鷺苔」
c0082120_18154455.jpg
c0082120_18155188.jpg
今日のお友達
c0082120_18155799.jpg
ブログランキングに参加しています、クリックして応援を宜しくお願い致します
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

[PR]
by hiro-photo | 2017-04-13 18:20 | 植物 | Comments(14)
Commented by gonbe-0526 at 2017-04-13 20:46
こんばんは
鷺苔の白花は珍しいのでしょうね
紫は見た記憶がありますが白花は見た記憶がありません。
今日やっと京都も晴れました。
Commented by happysweet1205 at 2017-04-13 22:37
こんばんは
白いサギゴケ 珍しいんですね。
私はどちらも見たことないかもです。
どちらも楚々としていますね。
Commented by 大阪のおっちゃん at 2017-04-13 23:18 x
こんばんは
白い「鷺苔」、白鷺の舞う姿でしょうか、
サギソウにない優雅さがあるものですね。
Commented by dacha883 at 2017-04-13 23:55
こんばんは。
紫のはよく見かけますが、
白い「鷺苔」というのがあるのですね。
どちらにしても、小さな花なので私には
難しいでしょうね。
Commented by しらかみ たろう at 2017-04-14 06:35 x
鷺苔ですか。初めて拝見する花です。
名前に苔と付いてますので、苔の種類なんでしょうが、
あまり苔らしくないですね。でもとても可愛い花です。

Commented by hiro-photo at 2017-04-14 08:38 x
gonbe-0526 さん。
白い花が本家の「鷺苔」でしょうね・・。
紫の花が分家で、本家と区別する必要から、名前に紫を付けて「紫鷺苔」と呼ぶようになったのでしょうね・・・・。
Commented by hiro-photo at 2017-04-14 08:42 x
happysweet1205 さん。
最近は「鷺苔」は珍しくなりましたね。
殆どは「紫鷺苔」です。
鷺と言う名前がある以上は、鷺で白色を想像しますから、もともとの名前の由来になった草は白い花だったのでしょうね。
Commented by hiro-photo at 2017-04-14 08:46 x
大阪のおっちゃん さん。
サギソウは、空に舞う鷺に見立てた名前でしょうが、サギゴケは、地面に立って羽を広げた姿なのでしょうか・・・・、サギゴケは草丈の低い草ですね。
Commented by hiro-photo at 2017-04-14 08:49 x
dacha883 さん。
紫色の花は、足の踏み場も無い位にはびこって咲いていますが、白い花は、ほとんど見なくなりました。
白花は貴重な存在になりましたね・・・。
Commented by hiro-photo at 2017-04-14 09:01 x
しらかみ たろう さん。
サギゴケは苔の種類では無いですが、地面を這うようにして沢山の花を咲かせる様子を苔に見立てた物なのでしょうね。
サギゴケはゴマノハグサ科でオオイヌノフグリやマツバウンランなどの仲間ですね。
Commented by risaya-827b at 2017-04-14 15:45
こんにちは^^
サギゴケのことはよく知りませんが
きっと地面にビッシリと咲いているのかな?
でも、この白いのは希少価値がありそうですね?
育てるのはなかなか大変そう~ 
ポチッ☆彡

Commented by hiro-photo at 2017-04-14 18:26 x
risaya-827 さん。
「紫鷺苔」は、野に足の踏み場の無い位に咲いていますが、「鷺苔」は最近見る事がありませんでした。
数が少ない分、希少価値がありそうですね・・・。
Commented by YAKUMA at 2017-04-14 21:25 x
サギゴケの花、しばらく見ていません。
ムラサキサギゴケはたまに見ますね❗
Commented by hiro-photo at 2017-04-15 08:45
YAKUMA さん。
サギゴケは見当たらなくなりましたね、この花も以前一度見つけた場所で丹念に探し当てた物です。
一度滅びかけたものは、なかなか元には戻りませんね。