ブログトップ

地域情報発信基地in高知

hryphoto.exblog.jp

身近な情報を写真で発信

土佐小貝母 (とさこばいも)

百合科の多年草で、湿り気のある林の縁などに生える
花の形は細い釣り鐘状をしており、葯の色は黒紫褐色をしている
c0082120_17092794.jpg
c0082120_17112492.jpg
c0082120_17092948.jpg
c0082120_17093580.jpg
ブログランキングに参加しています、クリックして応援を宜しくお願い致します
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ



[PR]
by hiro-photo | 2017-03-13 17:14 | 植物 | Comments(28)
Commented by happysweet1205 at 2017-03-13 17:42
こんばんは
この花もこちらでは見れないです。
ラストの蕊が見えるお写真 とても素敵ですね。
小さい花のわりに蕊は大きめなんですね。
実際に小さくて こんなくっきりは見えないでしょうが
いつも綺麗に捉えてますね~。
Commented by umi_bari at 2017-03-13 18:03
珍しい山野草なのでしょうね、
貴重な写真を有り難うございます。
アラック、陸上はまるっきり分からないんです。
Commented by 白竜(はくりゅう) at 2017-03-13 19:10 x
こんばんは!
土佐小貝母 (とさこばいも) ・・・珍しいですね!
牧野植物園でしょうか? 
ここは 「野鳥の楽園」だとも想像しますが・・・ここへ行くのは 不便ですか?
Commented by のほほん at 2017-03-13 19:37 x
初めて見ました!
可愛い花ですね^^
Commented by dacha883 at 2017-03-13 19:53
こんばんは。
そちらは花の宝庫ですね。
いつも珍しい花に驚かされています。
Commented by tanuki_oyaji at 2017-03-13 20:01
hiro-photoさん、こんばんは〜♪
とさこばいという花ですか、
シベの形がユリ科の花らしい形をしてますね。
初めて見ますが自生している花なんでしょうか。
Commented by ten-zaru at 2017-03-13 20:15
hiro-photoさん、今晩は。
この山野草は珍しい花ですね。
百合と比較すると小さな姿、可愛い花ですね。
Commented by gonbe-0526 at 2017-03-13 20:44
こんばんは
土佐小貝母初めて見ました。
小ぶりで可愛いですね。
こちらでも普通の貝母が桜の頃に咲きます。
Commented by Sippo5655 at 2017-03-13 22:23
バイモに「土佐」と名の付く種があるとは
知りませんでした。
絶滅危惧種なのですね。
こちらで見られるバイモは緑色・・・
土佐のバイモはワインに酔ったような
粋で、可憐な(*´∇`*)
P☆
Commented by 大阪のおっちゃん at 2017-03-13 22:30 x
こんばんは
土佐小貝母、とっても珍しく思います、
これも春の妖精でしょうか、
土佐、とつくのは、やっぱ高知がルーツかもしれませんね。
Commented by YAKUMA at 2017-03-13 22:39 x
こんばんは
ご無沙汰しております。
トサコバイモ、貴重な花なのでしょうね。
春を感じられる花のひとつでしょうか。
実際に見てみたいです。
Commented by しらかみ たろう at 2017-03-14 06:06 x
土佐小貝母とても地味な花で、つい見落として
しまいそう。でも葯の紫色が白い花びらの中
であざやかで、これにら虫たちも寄ってきそうですね。
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 07:46
happysweet1205 さん。
下向きになって咲く釣り鐘型の小さな花ですし、足場の悪い場所に咲いていましたので、写すのには苦労しました。
特に蕊が見えるように写すのは大変ですね・・・。
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 07:47
umi_bari さん。
絶滅が心配されているようですから、心して残していきたいですね・・・。
小さな可愛い山野草です。
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 07:52
白竜 さん。
このような山野草は、自生地にまで行って現場で見たいのですが、なかなかそうはいきません。
私の場合は、牧野植物園で植栽されているものを見るにとどめています。
牧野の園内は、木々も多く森も深いですから、小鳥の鳴き声はどこからでも聞こえてきますが、写すまでには至りません。
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 07:55
のほほん さん。
木々の陰でひっそりと咲いているような野草ですから、あまり人の目には触れて来ないのでしょうね・・・・。
それでも少しずつ生息地が無くなり数を減らしているようですね・・・。
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 07:58
dacha883 さん。
群生地にまでは行けませんので、植物園に植生されている野草を見て写して楽しんでいます。
いろんな珍しい草花や樹木が、自然に近い状態で植えられ育てられています。
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 08:01
tanuki_oyaji さん。
四国や九州には自生しているようですが、自生地にまでは行く事は出来ませんので、植物園に植えられて、毎年花を咲かせているものを、見て写して楽しんでいます。
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 08:07
ten-zaru さん。
貝母は一般的に見られる少し大きな花ですが、小貝母となると、地域独特の進化を遂げたものが多々あるようですね。
ホソバコバイモ、ミノコバイモ、アワコバイモ、コシノコバイモ、イズモコバイモなどと言う名前をネットで見つけました。 
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 08:10
gonbe-0526 さん。
貝母の種類は、花弁の模様もユニークですね。
控えめにひっそりと咲いているような、姿かたちや色が山野草らしいですね・・・。
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 08:15
Sippo5655 さん。
普通の貝母に比べると二回り以上小型の草花ですね。
こんな山野草が何時までも残れるような自然界であって欲しいのですが、やはり人間が絶滅に大きく関与しているのでしょうね・・・・。
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 08:20
大阪のおっちゃん さん。
この植物はスプリング・エフェメラルですね。
春早く花を咲かせて成長し、体力をつけて1年分の仕事を済ませ、夏には休眠してしまう植物・・のようですね。
Commented by 多摩NTの住人 at 2017-03-14 08:22 x
こんにちは。トサノコバイモという種類があるのですね。地味な色合いですが魅力的な花ですね。
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 08:23
YAKUMA さん。
こんな草花に会うと気持ちが和みますね・・ホッとしますね。
春まだ浅い林の斜面などにひっそりと咲いています。
決して華やかな花ではありませんが、人を惹きつけるものがあります。
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 08:26
しらかみ たろう さん。
下に向いてひっそりと咲いている小さな花ですから、気を付けて見ていかなければ、つい見落としてしまいますね。
ここは植物園内ですから、それなりに見やすい環境にもなっていますが、写すとなると骨が折れます。
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 08:32
多摩NTの住人 さん。
こんな儚げに咲く小さな草花には、日本の古き良き時代の田舎の風景を重ねてしまいますね。
ここは植物園ですが、自生地には、ここよりはずっとずっと静かで暖かい空気が流れていることでしょうね・・・。
Commented by ちごゆり嘉子 at 2017-03-14 10:21 x
土佐小貝母も、とても地味な花まだ出会っていません。
こちらでは アワコバイモとトクシマコバイモが
咲いています。
Commented by hiro-photo at 2017-03-14 18:33 x
ちごゆり嘉子 さん。
アワコバイモは、先日のブログで拝見させてもらいました。
トサコバイモは細い釣り鐘型をした花ですので、花の形がアワコバイモとは違っていますね。
色々な種類があり、その土地での独自の進化が見られますね。