ブログトップ

地域情報発信基地in高知

hryphoto.exblog.jp

身近な情報を写真で発信

牧野植物園の花たち・・・(3)

植物園の魅力は、他では見られない珍しい木や花が有る事ですね
「ニュートンのリンゴの木」とか「シーボルトの木」と言うのがありますが、今回は「シーボルトの木」に小さな花が咲いていました
「シーボルトの木」は、幕末に日本を訪れて、後に”フロラ・ヤポニカ”を著いた事でも有名なオランダ人医師シーボルトの、長崎出島の自宅の庭に植えられていた落葉小高木で、牧野博士が1912年に「植物学雑誌」に学名を発表した・・との事です
c0082120_16595786.jpg
c0082120_170423.jpg
c0082120_170912.jpg

「星咲寒葵 (ほしざきかんあおい)」
寒葵の仲間で、高知県南西部などの限られた地域にのみ分布している・・との事
c0082120_17161133.jpg
c0082120_17162082.jpg

「土佐の葵 (とさのあおい)」
高知県東部にのみ分布する日本固有種・・との事
c0082120_17203185.jpg
c0082120_17203612.jpg
ブログランキングに参加して頑張っています。
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by hiro-photo | 2016-04-26 17:26 | 植物 | Comments(23)
Commented by miyakokoto at 2016-04-26 17:35
こんにちわ(^^♪
 
 新緑が目に染み入りますネ 
花と違って爽やかで綺麗です。P
Commented by 白竜雲(はくりゅううん) at 2016-04-26 18:17 x
こんにちは!
植物学者 牧野富太郎 博士・・・偉大な Hiro-photoさんの「郷里の偉人」ですね!
坂本龍馬など、郷土の誇りになる人士が 多いですね!ヽ(^^)ノ
Commented by gonbe-0526 at 2016-04-26 20:07
こんばんは
珍しい花ですね。
牧野富太郎博士の植物図鑑に子供の頃助けて頂きました。
Commented by ten-zaru at 2016-04-26 20:37
hiro-photoさん、今晩は。
シーボルトの木なんてのがこの植物園にあるんですか。
長崎からこの地にどういう経緯で移したんでしょうかね。
もっと興味深いのはニュートンの木なんてのも、この世にあるんですな。
それこそ見たいものです^^
Commented by happysweet1205 at 2016-04-26 21:01
シーボルトの木 はじめて見ます。
小さなお花が咲くんですね。

植物園では珍しい花たちが
いろいろ見れていいですね。
P☆
Commented by 笑子 at 2016-04-26 21:32 x
こんばんは

珍しい花・・・・星咲寒葵
エイリアンチックですね(^^)v★
Commented by 大阪のおっちゃん at 2016-04-26 21:40 x
こんばんは
シーボルトの木、名前も木も珍しい、
これは牧野植物でないと見ることが出来ません。
星咲寒葵、土佐の葵、これでもお花?
高知の珍しい植物ですね。
Commented by dacha883 at 2016-04-26 22:47
こんばんは。
星咲寒葵は不気味な感じですね。
大きさがわかりにくいですが、
襲われそうで怖いです。
Commented by YAKUMA at 2016-04-26 23:20 x
子供の通っていた高校にニュートンのリンゴの木の子孫が植えられていました。
カンアオイの仲間、珍しいものがあるのですね。
Commented by しらかみ たろう at 2016-04-27 06:02 x
「シーボルトの木」初めて拝見しました。
花はとても地味ですね。
星咲寒葵、お世辞にも綺麗とい言えませんね。
土から直接咲いているようでとても不思議です。
Commented by しらかみ たろう at 2016-04-27 06:06 x
シーボルトの木、初めて拝見させていただきました。
花はとても地味なんですね。
星咲寒葵 、お世辞にも綺麗とは言えない花ですね。
土地から花が直接生えているようで、ちょっと
不思議な花ですね。
Commented by の子 at 2016-04-27 07:02 x
これも花ですか?と聞きたくなるような花たちがいますね。
さすが植物園ですね。
シーボルトの木、おとなしい花をつけるんですね。
始めましてです。
Commented by hiro-photo at 2016-04-27 08:04
miyakokoto さん。
葉と同じ色をした花は、虫にも気づかれないままに散ってしまうのでしょうか・・、しかもシーボルトの木の花は虫眼鏡で見なければわからないような小さな花です。
Commented by hiro-photo at 2016-04-27 08:07
白竜雲 さん。
土佐の国は、当時の政敵などが流された国・・と言いますから、その人たちの血が綿々と受け継がれている人も多く居るのでしょうね・・・。
Commented by hiro-photo at 2016-04-27 08:09
gonbe-0526 さん。
世界に誇る植物学者の牧野富太郎博士ですから、色々な草や木の命名に名前が出てきますね・・・。
Commented by hiro-photo at 2016-04-27 08:16
ten-zaru さん。
「ニュートンのリンゴの木」と言う名札を立てた木が有りますが、花も実付いていなくて、道路わきにぽつりと立っていました、せめて花でもあれば写したのですが・・・・・。
Commented by hiro-photo at 2016-04-27 08:19
happysweet1205 さん。
他の場所では見る事が出来ない色々な木や花・・、これが植物園の魅力ですね。
車で30分とはかからない場所にありますから、気楽に簡単に行く事が出来ます。
Commented by hiro-photo at 2016-04-27 08:22
笑子 さん。
寒葵の花はどれも花らしくない花ですね、地べたに寝そべっているようで、枯葉などで覆われれば目にも付きませんね。
Commented by hiro-photo at 2016-04-27 08:25
大阪のおっちゃん さん。
植物園でなければ見る事が出来ない木や草花、自宅から往復15㎞とはかからない位置にある牧野植物園は、気軽に訪れる事の出来るお気に入りの撮影場所です。
Commented by hiro-photo at 2016-04-27 08:30
dacha883  さん。
花が咲いているという表示がされていますから、花も見る事が出来ますが、表示が無ければ花は見落としてしまいますね。
「星咲寒葵」も「土佐の葵」も、葉がかぶさった中に隠れるようにして花が咲いています。
Commented by hiro-photo at 2016-04-27 08:35
YAKUMA さん。
「ニュートンのリンゴの木」に林檎の実でも生って居れば写す気にもなるのですが、花も無くただじっと立っているのみであれば・・・、横目で木を見ながら素通りしてしまいました。
Commented by hiro-photo at 2016-04-27 08:40
しらかみ たろう さん。
寒葵の種類は、どれにしても地べたから花が直接咲いている風に見えますね、枯葉などが積もっていると花など見る事も出来ない状態です。
これが花ですから、世の中変わった花もあるものです・・・。
Commented by hiro-photo at 2016-04-27 08:42
の子 さん。
葉蘭の花も変わっていますが、寒葵も変わった花を付けますね、普通にイメージする花とは似ても似つきません。