ブログトップ

地域情報発信基地in高知

hryphoto.exblog.jp

身近な情報を写真で発信

ブラジル小蜜柑草 (ブラジルこみかんそう)

別名を「長柄小蜜柑草(ながえこみかんそう)」とも言い、灯台草(とうだいぐさ)科です
先日の「小蜜柑草」と同じ仲間ですが、大きく違う所は、枝から花(実)までの柄の部分が長いところですね
c0082120_1852029.jpg
c0082120_1852928.jpg
c0082120_185346.jpg
c0082120_1853990.jpg
c0082120_185545.jpg
c0082120_1855958.jpg
c0082120_186568.jpg
ブログランキングに参加していますので、クリック支援を宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by hiro-photo | 2015-08-27 18:08 | 植物 | Comments(12)
Commented by しらかみ たろう at 2015-08-27 21:06 x
ブラジル小蜜柑草、先日の小蜜柑草と良く似ていますね。
実の形の違いと柄の長さの違い位でほぼおんなじですね。
どうしてこんなわずかな違いが出るんでしょうね。
生物の不思議ですね。
Commented by 大阪のおっちゃん at 2015-08-27 21:49 x
こんばんは
ブラジル小蜜柑草、小蜜柑草、本家はどちらでしょう、
好みとしては小蜜柑草かな、あの実の行儀良さには感心します。
Commented by gonbe-0526 at 2015-08-27 22:49
こんばんは
ブラジル小蜜柑草 先日の小蜜柑草とずいぶん違いますね。
私も好みは小蜜柑草ですね。
小気味よいくらいきっちり並んだ実が素敵でした。
Commented by の子 at 2015-08-27 22:52 x
コミカンソウ、かわいいですね。
こちらのはブラジルと頭についてるんですね。
ブラジルだけあって、柄が長くってのびのびしてるように見えます。
Commented by YAKUMA at 2015-08-27 23:16 x
ブラジルコミカンソウ、私も一度観察したことがあります。
ブラジルでは薬草として用いられていると聞きました。
Commented by hiro-photo at 2015-08-28 07:32 x
しらかみ たろう さん。
その地域独自での発達が永い時間を経て今の形に落ち着いているのでしょうね・・、元をたどれば皆同じだったのかも知れませんね。
Commented by hiro-photo at 2015-08-28 07:39 x
大阪のおっちゃん さん。
本家とか元祖とか・・その気になれば諍いの種はどこにもありますが、どちらも独自に生き延びていてお互いに繁栄しているようです。
Commented by hiro-photo at 2015-08-28 07:43 x
gonbe-0526 さん。
どちらも小さな実をビッシリと付けて、ヒッソリと生きているようですね、一般にはあまり知られることは無いでしょうが、写真の題材としては面白そうです、特にマクロ的に。
Commented by hiro-photo at 2015-08-28 07:46 x
の子 さん。
調べてみるとブラジルとは言っていますが、原産地はアフリカおよびインド洋のマスカレーヌ諸島と考えられている様ですね・・、どうしてブラジルの名前が付いたのでしょうね・・・。
Commented by hiro-photo at 2015-08-28 08:02 x
YAKUMA さん。
原産地がブラジルではないのになぜだか名前にブラジルがついている・・、何か意味があるはずだと思っていましたが、そんなことがあったのですか・・、何となく名前を付けた意味が分かるような気がしてきました。
Commented by 白竜雲 (はく りゅう うん) at 2015-08-28 12:33 x
こんにちは!
コミカンソウとか このブラジルコミカンソウは
見たことがないのです。
四国の植物ということもないのでしょうけど・・・(^^;)
Commented by hiro-photo at 2015-08-28 18:41 x
白竜雲 さん。
道端に雑草然として、ごく自然に生えています、一度目にすれば”なんだこの草か・・”と思うでしょうね、気が付いていないだけなのでしょうね・・・・。